×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オリゴ糖 便秘

オリゴ糖は便秘にすごくいいんです! オリゴ糖の性能とその効果を実体験を交えて検証します。


オリゴ糖とは?

キッズ

人が生きていくのに必要な栄養素の一つに炭水化物がありますね!
これはその大きさによって、三種類に分けられるんです。


中でも一番小さく、分子の構造上それ以上分解されない最も小さい単位が、
ブドウ糖や加糖などで、これらは『単糖類』と呼ばれています。


オリゴ糖とは、この単糖類が2〜10個結合したものをいいます。
ちなみに、この単糖類が数10個〜数1000個つながったものが「多糖類」です。


オリゴ糖の「オリゴ」は、少ないという意味のギリシャ語からきていて、
「少糖類」とも呼ばれています。


結合の個数によって、細かく分類されているんです。
一般的には、砂糖や麦芽糖もオリゴ糖の仲間ですが、
主に、ビフィズス菌を増やす働きがあるものを
オリゴ糖と呼んでいます。

オリゴ糖の種類

キッズ

オリゴ糖は、その結合している単糖の個数などによって分類されるんです。


「フラクトオリゴ糖」は、甘味度は砂糖の60%で、
野菜やハチミツに少し含まれているもので、
便秘や肥満に効果があると言われています。
また、虫歯になりにくい甘味料として有名ですね!


「イソマルトオリゴ糖」は、甘味度は砂糖の50%で、
主にハチミツに多く含まれています。
味噌や醤油などにも含まれ、うま味やコクを引き出しています。


「大豆オリゴ糖」は、大豆に含まれている多種少糖類のことで、
カロリーは砂糖の半分で、他のオリゴ糖よりも少量で、
ビフィズス菌の増殖が期待できるとして注目されていますね。


「ガラクトオリゴ糖」は、甘味度は砂糖の40%で、乳糖をアルカリ処理したものです。
これは、ビフィズス菌の増殖に非常に効果があります。


「乳糖オリゴ糖」は、甘味度は砂糖の60〜80%で、ほとんど消化されません。
そのため、ダイエットに適しているといわれているんです。


「キシロオリゴ糖」は、難消化性で飲み物やお菓子などに使われています。


「ビートオリゴ糖」は、甘味度は砂糖の約20%で、
植物の世界に広く存在し、アトピーに効果があると言われています。

オリゴ糖を含む代表的な食べ物

キッズ

オリゴ糖は、アスパラや玉ねぎなどの野菜や、
はちみつなどに含まれていますが、少量です。


現在は色々な食品に含まれていますが、
ほとんどは、人工的に作られたものに含まれている傾向にあります。
低カロリーなので、いろいろな食品に含まれているんです。


甘味料だけを見ても、色々な種類のものが出回っているので、
ダイエット中の人が好んで使用しています。
その理由は、糖質なのに、カロリーに吸収されずらいからです。


他にも、清涼飲料水・キャンディー・お菓子・乳製品・ヨーグルトなどがあります。
サプリメントなどもたくさん発売されています。


健康に気をつけている人が、便秘や下痢の解消、
ビフィズス菌の増加などの目的で、これらの食品を好んで食べています。

オリゴ糖と便秘の関係

キッズ

現在、便秘に悩んでいる人は、とても多いといわれています。
特に女性に多いみたいです。
便秘は、万病のもとと言われているほど、
深刻な問題なんです。


オリゴ糖には、腸内の善玉菌の代表である、
「ビフィズス菌」を増やす働きがあることが解明されています。


腸内では、善玉菌と悪玉菌が日々戦っています。
どちらかが減るともう一方が増えるというしくみなので、
善玉菌であるビフィズス菌が増えると、
悪玉菌は必然的に減るわけです。


ビフィズス菌に効果的なのがこのオリゴ糖なので、
餌をもらったビフィズス菌がますます増えて、
腸内環境がよくなり、便秘も解消されるというわけです。


また、食物繊維と同様に、余分なコレステロールも吸収して排出してくれるので、
一石二鳥ですね!


Copyright © オリゴ糖が便秘を救う! All rights reserved